有無で印象が変わる

名刺はビジネスマンにとっては必需品のものです。ですから、しっかりと持っておくようにしてください。名刺はその人の名前を確かめることもありますが、マナーとして初対面同士で交換をするものです。

ですから、相手から名刺を渡されるなら自分も名刺を渡さないといけないです。

このようなことがありますので、しっかりと用意するようにしてください。

特に、いろいろなところに出向いて人と会うという人は必要性が非常に高くなります。もしも交換のタイミングで名刺が無いと言われると相手からすればマナーがなっていないと判断されかねないです。

ですから、それを避けるためにも用意してください。名刺しっかりとしたものを用意するようにしてください。会社の名前もそうですが、自分の情報をある程度記載したものを用意するようにしてください。ただし、自分の家の住所を書くかはその人次第なので注意です。

会社の名刺で個人の住所は書かなくても良いです。

情報漏洩というわけではないですが、あまり自分の情報を出しすぎないようにしてください。そもそも会社同士の付き合いなのですから個人の住所を知っても上手く使えないです。ですから、書くなら会社の住所までなので、業者に依頼をする場合は注意です。

しっかりとした名刺を渡されれば印象も良くなりますのでよく考えて作るようにしてください。

関連:名刺の補充に注意